理事長 あいさつ

ごあいさつ

 みなさまこんにちは、清湖の杜です。
創設者で初代理事長の松谷幸子さんから社会福祉法人清湖の杜 理事長を引き継がせていただきました。住み慣れた地で利用者お一人お一人のその人らしい暮らしを大切に、また、働く職員のみなさまの輪と誇りをもって社会福祉の専門的な仕事を継続できるよう努力してまいりたいと考えております。
そのためには地域のみなさまに理解され、愛される温かい場づくりが大切だと思っております。また、困った時に頼っていただける場にもしていきたいと考えております。地元の行政や関連の福祉施設・事業所、医療機関の職員のみなさま、サポーターのみなさまとも連携を密にして、地域の高齢者・障がい者福祉のネットワークの一員として共に歩んでいける法人として発展させていきたいと考えております。

清湖の杜の運営で大切にしたいことはつぎの4点です。

・地域の住民として、共に生きていることを実感できること
・老いても障がいがあっても自分らしく自由に健康に生きることを保証されていると実感できること
・利用者やご家族のみなさまの喜び・悩みに耳を傾け、こころを寄せ、ほっとできる人の存在と時間
・職員が大切にされ、研修・研鑽の機会を充実し互いに成長していけると実感できること

どうぞ、地域のみなさま、さまざまな専門職のみなさま、理事・評議員のみなさまからのご助言・指導の声をお寄せ下さい。しっかりと耳を傾けて自らを育てていきたいと思います。
そして、河北潟の清らかな湖水を望むこの地で共に生きる「幸せ」を問い続けて参りたいと思います。

令和3年9月1日

清湖の杜 理事長 川島 和代