2021年 12月 no.248

みなさまこんにちは、清湖の杜です。 内灘の晩秋には鰤起こし(ぶりおこし)と呼ばれる強風と雷雨に見舞われる日が続きます。私には「あ~あ、冬がやってきたな」と寒く厳しい季節の到来を告げる音に聞こえます。しかし、漁師さんにとってはこの雷鳴は鰤漁の始まりの合図で縁起の良いものだそうです。同じ音でも聞く人により感じ方、捉え方が異なることを教えられます。援助を専門とする私たちも同じできごとを体験しても一人ひとりの感じ方が異なることを知り、その感じ方を尊重できるようにしていきたいものだと思います。

お便りのダウンロードはこちらから